ハンドポワードワームとはWHAT IS HAND POWARD WORM?

ハンポワとは、ハンドポワードの略称で、原料を手で流し込んで作られたワームのことを指します。シリコンでワーム型枠を作り、熱した原料を型枠に流して作ります。ワームの硬さ、調色、ラメなどのオプション、部分による色分けなど、ハンドポワードならではの高い自由度がオリジナリティ溢れるワームを実現します。また、その釣力もアイデア次第で格段にUPさせることができます。ハンドポワードワームに対してインジェクションワームがあります。これは、立体的に製作された金型に原料を射出して作られるワームです。大量生産品に多く用いられる製法です。

ハンドポワードと
インジェクションの違い・特徴

ハンドポワード

  • 少量~大量生産
  • 硬さ・柔らかさを自由に設定できる
  • 色数を自由に設定できる
  • 部分的なアクセントカラーも可能
  • 豊富なオプション

インジェクション

  • 大量生産向き
  • 射出できる範囲の硬さのみ
  • 基本的には単色
  • 豊富なオプション

FISHLABOの
ハンドポワードワームの特徴

フィッシュラボでは、ポッドを使ってハンドポワードワームを製造するため、上記の特徴はもちろんのこと、スピーディーに量産できます。またハンドポワードワームは中国産の物も多いですが、調色が思った通りに仕上がらないことが多く、シリコン型のディティールが甘いものも多いですが、フィッシュラボは全て滋賀県のファクトリーにて製造しているため、高いクオリティを実現しています。また、ご希望の方にはファクトリーに来ていただき、色や形状などの細かな最終確認をしていただくことも可能です。

スピーディーで
量産できる

生産数(最大)
大:1000~1500本 / 日
小:3000~4000本 / 日

滋賀の
ファクトリーにて
最終確認が可能

FISHLABOの
ハンドポワードワームの作り方

STEP 1

シリコン型を作る

工夫を生かしたボディデザインを忠実に反映したシリコン型を作製。複雑な形状も思いのままに作ることが可能です。

STEP 2

主剤と副材を混ぜる

割合により硬さが変わるため、硬さの調節が可能です。

STEP 3

色の調合

割合により硬さが変わるため、硬さの調節が可能です。

STEP 4

ポッドで原料を流す

フィッシュラボでは、安定して大量生産を可能とするために、
ポッドでワーム原料をシリコン型に流します。

STEP 5

ワームが安定するまで寝かせる

ワームの形状が安定するまで2~3日常温にて保管します。

STEP 6

袋詰

1本ずつ丁寧に袋詰して発送します。
袋をはじめ、ブランドロゴ、商品ロゴなどグラフィックデザインも含めお請けすることが可能です。
※別途デザイン費が必要です。

FISHLABO
オリジナルワームのご紹介

フィッシュラボでは、ファクトリーにてフィッシュラボにて
デザイン・製造したオリジナルハンドポワードワームの販売も行っております。

「PenPen」
サイズ・約1.6inch

特徴

ボディのざらつき
表面積を増やすことで水絡みを良くし、吸い込まれやすくしています。また、すりガラスのような効果もありバイトをボディに集中させやすくしています。
リブ
針を出す位置のすぐ後ろにあるリブは水を受ける為でもありますが、段差をつけることにより、ワームが折れ曲がりやすくなり、魚の口に入りやすくしています。
動きすぎないテール
「PenPen」のテールはリトリーブではほぼ動きません。フォール時や潮流を強く受けた時のみプルプルと弱々しく震えます。

使い方・軽量ジグヘッド(0.4〜1g前後)でただ巻きやリフト&フォール、軽くアクションを付けてテールを少し動かすのも効果的です。
また、ボトムステイで使用すると潮流でユラユラとテールが揺らめき、ロックフィッシュに効果的です。

アメブロとインスタで
最新情報を公開中

オリジナルハンドポワードワームの
製造をお考えの方はこちら